三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

日本マクドナルドホールディングス、まさかの権利落ち


スポンサードリンク

昨日権利確定した優待は4銘柄です。

 

日本コンセプト (9386)、名産品カタログ

日本マクドナルドホールディングス (2702)、優待券

すかいらーく (3197)、優待券

キヤノン (7751)、カレンダー

 

覚悟していた今日の権利落ちの結果は、

日本コンセプト(マイナス3.86%)と、キヤノン(マイナス3.18%)はそれなりのものでした。

すかいらーくは、前場はプラ転するかもと思わせた時間もあったのですが、

後場にかけてずるずると下がってマイナス1.39%でした。

それでも下げ幅は小さい方です。

ただし、権利落ちとは別にここしばらく下がってきていますので、

その流れは継続しているとみた方が良さそう。ということは、含み益は風前の灯です。

果たしてナンピンしたものかどうか……。

 

騰がりに騰がって権利日を迎えた日本マクドナルドホールディングス

さぞ落ちるのだろうと思いきや、寄り付きこそ微マイナスだったものの、

すぐに切り返してプラス0.60%という「僥倖」な結果となりました。

チャートを見たとしても、今日が権利落ち日だとは全く認識できません。

今日も含めて、直近5営業日の売買高が普段の2-3倍になっているのが意味深です。

 

先日、今年の3月29日にダブルインバースと日経平均との相関関係が

突然大幅にずれたということを書きましたが、その原因がわかりました。

3月29日は3月権利落日だったので、前日までは3月配当分だけ高くなっていた日経平均先物が、

この日から本来の水準に戻ったためでした。

3月配当分は確か100円以上あったので、その分の大きなずれが突然生じたことになります。

今日も6月配当分だけずれたのだと思いますが、今回は20円ほどということでしたので、

ダブルインバースと日経平均との相関関係はそれほど変わりませんでした。

要注意なのは、9月27日ということになります。

 

リコーリース (8566)は、前場の時点ではボックス相場の上限を完全に上抜けたと思ったのですが、

後場は相場にひっぱられて長い上ヒゲになってしまいました。

その真価は、明日問われることになりそうです。

もし上抜けたら、上場来高値の4,045円も見えてきます。