三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

キヤノンの防犯カメラ


スポンサードリンク

昨日のNHKの番組で、キヤノン (7751)の防犯カメラ部門が出てきました。

キヤノンで防犯カメラと言えば、買収したスウェーデンアクシスコミュニケーションズが浮かびますが、

昨日登場したのは、その日本支社だったのでしょうか。

様々な技術が紹介されていましたが、それらがどれほど収益に結びつくかは想像できませんので、

キヤノンの先見性を信頼して見守ります。

テレビ以外でも、公園で見かける人が首から下げているカメラにCANONのロゴがあったり、

近所に建設される建物を積水ハウス (1928)が手がけていると嬉しくなりますので、

「株主としての愛」は結構強めです。

そういえばBSで放送される映画で、

前半のスポンサーが積水ハウス、後半がキヤノンという黄金の組み合わせもありました。

 

そろそろ四季報新号の季節です。

SBI証券のページでは、オリックス (8591)の評価レポートが更新されました。

レーティングは最高の5(買い)。

投資判断コメントにも美辞麗句が並んでいて、いかにも買いたくなりそうな内容です。

あと2週間ほどで今年の優待内容が明らかになると思いますが、

昨年頂いた「松浦港の海鮮丼」が今年も採用されていることを切望しています。

 

昨日株主総会が行われたリコーリース (8566)からは、事業報告書が公開されています。

リコーリースは株主に対する姿勢が極めて誠実で、IR情報が充実しているのが大きな特徴だと思います。

とてもそんな柄ではありませんが、もし勤め先として一般企業を志望するとしたら、

かなり魅力的な候補になったかもしれません。

今回の事業報告書では、リース業で営業キャッシュフローがマイナスになる仕組みが解説されていて、

株主が財務データを理解し易いように気が配られています。

配当性向を今期予想の19.3%から段階的に上げていって、3-5年後には25%にするとしていますので、

中長期的に増配傾向を維持することがほぼ確約されています。

現状の配当利回りはやや低めですが、それが上昇して高配当銘柄と呼べる日が来るまで、

しっかりと保有して応援します。