三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

拍子抜けでがっかり


スポンサードリンク

寄り付き前に、昨日のニューヨークの株価と日経平均先物の数字を見た時には、

日経平均で400-500円くらいの下落を期待してしまったのですが、全然拍子抜けでがっかりです。

ダブルインバースは沈みすぎていて、今日くらいの下げ程度では、

これをあと何日重ねたら水面に出るのかわかりません。

 

アメリカの様子を見ていると、もっとこじれそうな気もします。

来週にはコミーさんが証言するらしいですし。

今日の東京マーケットワイドでの尾河眞樹さんの解説がわかり易かったです。

 

ポートフォリオの下げ具合は、指数よりはましでした。

全面安商状の中、不自然に1%以上反騰している銘柄が6つもあったからです。

 

JCU (4975)、プラス1.76%

サカイ引越センター (9039)、プラス1.72%

日本コンセプト (9386)、プラス2.85%

明光ネットワークジャパン (4668)、プラス1.64%

DCMホールディングス (3050)、プラス1.10%

日本マクドナルドホールディングス (2702)、プラス1.32%

 

日本コンセプトは、昨日今日と逆行して上昇基調です。

もしかして東証1部に昇格するとか?

 

日本マクドナルドホールディングスは、含み益と優待とのせめぎ合いですが、

一度は優待を取ってみたいので、現状の含み益程度(プラス27.71%)ではまだ手放しません。

こういう利益確定チャンス用にと、本当は300株か、あるいは500株まで増やそうかなと考えてはいたのですが、

微含み損でたゆたっていた今年1月当時は米本社による売却に怯えていたので、買えませんでした。

これは仕方ない躊躇だったと思います。

 

明日も下がって欲しい気持ちの方が強いですが、

今日の下落によって、リコーリース (8566)が75日線、

三井物産 (8031)が200日線をそれぞれド派手に割り込んでしまっています。

明日も落ちるとなると、結構なチャートになってしまいますが、

とりあえずは下目線で行こうと思います。