読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

ミスチルにツッコみ


スポンサードリンク

私が高校生の頃、Cross RoadがヒットしてMr. Childrenが有名になりました。

多分にもれず私もファンになり、20年以上が経ちます。

 

もちろん曲が好きなのですが、その詩にはツッコミどころがいくつかあるのです。

キン肉マンのように、愛すべきツッコミ箇所もあれば、そうでないものまで。

 

「その向こうへ行こう」

“I’ll go to home”とありますが、これは「頭痛が痛い」的な表現ではないでしょうか。

私も英語に詳しくないので、nativeが聞いてどう感じるかはわかりませんが、

「シーソーゲーム」にある”She so cute”のような、

韻を意識して崩した表現とは意味合いが違っている気がします。

日本人がかっこをつけて歌詞に英語を多用するのが大嫌いなので、

大ファンのミスチルとは言え、私が個人的に考える歴代一番の失着はこれです。

英語の校正に出せばいいのにと思いますが、作詞家としてのプライドが妨げになるんでしょうか。

 

また、細かいところでは、英語の歌詞を歌う際、thの発音がさっぱりなのも気になります。

複数の曲でeverythingという単語が登場しますが、every-singという発音になってしまっています。

 

「Love is Blindness」

これも発音に関してですが、タイトルの部分を歌う際、

「ラブ イズ “ブー”ラインドネス」と、BlindnessのBの部分で伸ばしていますが、

このBの次はLであり、母音がついていないので、母音を強調するように”ブー”とは伸ばせないのでは。

これは100%自信のある指摘ではありませんが、昔から気になっています。

 

「タイムマシーンに乗って」

“理想と現実があべこべです”とありますが、あべこべという言葉が歌詞の意図に合っていないと思います。

“理想と現実があまりにもかけ離れている”という意味にはなっていません。

 

「運命」

“ミイラ取りは ただいま満を持してミイラになりました”とありますが、

この慣用句の使い方が正確ではないと思います。

これはちょっと小姑っぽい意見かもしれません。

“恋愛をバカにしてたのに、恋に落ちた”という内容ですが、

これだけでは、”ミイラ取りがー”の内容には不十分ではないでしょうか。

例えば、

恋愛をバカにしていた主人公が、恋をしている男友達を諦めさせようとして説得に行ったが、

その男友達が恋をしている相手のことを好きになってしまった、

という状況であれば、ぴったり当てはまると思います。

 

「ファスナー」

最後はしょうもないのを。

ウルトラマン仮面ライダーの背中にファスナーがついているという歌詞です。

ウルトラマンはわかりますが、仮面ライダーの衣装の場合は、

背中にファスナーは付いて無いような気がします。

 

ツッコんではいますが、大ファンです。

ただし、日本語で素晴らしい歌詞を紡ぎ出しているのですから、

カッコいい(と思っている)英語に安易に走らないで、日本語のみで表現して頂きたいです。