三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

水面は遠くなりにけり


スポンサードリンク

フランス大統領選挙前の最終日は、気持ち良く騰がってしまいました。

ダブルインバースは7日ぶりに、ちょっと深めの水中へ。

 

そんな日にあって、前日比変わらずの積水ハウス (1928)。ちょっと悲しくなってきます。

そしてキヤノン (7751)も。

利益確定する気は全くありませんので、業績が良くて配当さえ安定していてもらえれば良いのですが、

つい今日も続伸を期待してしまい、マイナス引けにがっかりです。

 

吉野家ホールディングス (9861)は、9年ぶりの高値だとか。

業績報道による先日の急落のイメージが強かったので、そんなに長期間に渡る高値更新とはびっくりです。

よく見ると、コメダホールディングス (3543)も節目の高値を超えていました。

 

お気に入り銘柄の中で、最近の一番の不安要因である三井物産 (8031)は、200日線でひとまず跳ね返りました。

75日線は下向きになってしまっていますが、なんとかここを目標にして浮上を。

5月9日に増配発表があれば行けそうです。

 

クリエイト・レストランツ・ホールディングス (3387)は、

買ってから2日間こそ反発でしたが、その後2日間は反落で買値まで戻ってきてしまいました。

まだ下降トレンドを脱していないようなので、しばらくは我慢です。

 

やはり、松井証券でのダブルインバースに対するヘッジとして、ひふみプラスを購入することにしました。

投信用の口座を開く必要があるとのことで、

月曜日にひふみプラスを買えなくなるかと思いましたが、ネット上での操作のみで開設できました。

投信は、個別株よりも初心者顧客が多いのか、

アンケートや、その結果に基づくモデルポートフォリオみたいなものを強制的に作成させられたりして、

ちょっと煩わしかったです。

フランスの動向如何で、月曜日の相場は全く予想べくもありませんが、

少なくともダブルインバースを利益確定する展開にはならなさそうですので、

ひふみプラスの初買い付けを狙っていきます。