三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

ダブルインバースはしっかり値固め


スポンサードリンク

ダブルインバースは、含み益ゾーンで順調に値固めできました。

 

それで喜んでいたのですが、個別株をよく見てみると、

結構悲惨なチャートに陥っているものが散見されます。

 

チャーム・ケア・コーポレーション (6062)は、3ヶ月くらいなだらかに下っていて、

200日線が目の前に迫ってきました。

5月8日の決算発表が、新たな燃料になるかどうか。

 

昨日喜んだニプロ (8086)はマイナス3.31%で、上昇幅の大半を吐き出してしまっています……。

 

リコーリース (8566)が一番嫌な下がり方。

4月28日に本決算発表なので、ここで堅調な昨期の業績と今期の予想、そして増配を届けてくれる筈。

この日で流れが変わると信じていますが、それまではまだ10営業日もあります。

ちょっと首筋が寒くなってきている、今日この頃です。

 

ポートフォリオ全体では、含み益が7.10%。

ちょっと心許なくなってはきましたが、

含み益を確保しながら、ダブルインバースを利益確定できている現状には満足しないといけません。