読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

イーブックイニシアティブジャパン、今回の炎もあえなく鎮火

今日は逆行安ではなかったものの、指数には惨敗でした。

積水ハウス (1928)とニプロ (8086)が、この地合の中で何故かマイナスだったのが痛いです。

 

一方で、イーブックイニシアティブジャパン (3658)は、どうやら元の木阿弥コースに入ってしまったようですので、

覚悟して電子図書券を拝受することにします。

 

そのイーブックイニシアティブジャパンも含めて、来週火曜日に権利確定する優待は、17銘柄です。

実物が届くのは3ヶ月先なので、権利確定日にはそれほど意味はないのですが、

翌日の権利落ち株価は気になります。

ずっと保有しておくつもりの銘柄がほとんどなので、一時的な下げは気にする必要はないのですが、

それでも権利落ちが軽いと得した気分になりますから。

あとは、先物が現物の株価が一致すると、わかりやすくて助かります。

 

SBI証券では、キヤノン (7751)の配当予想が150-160円になっています。

前期の実績が150円ですが、今期の公式な予想は発表されていません。

増収増益と予想している今期業績を有言実行できた場合でも、その1株益は155円なので前期の配当額ぎりぎり。

その上で160円までを予想しているということは、上方修正の可能性を見込んでいるということでしょうか。

どちらかというと、前期の150円から減配されるシナリオを想定せざるを得ないような雰囲気なのですが……。

増配なんて贅沢なことは言いませんので、なんとか150円配を維持してくれるように祈っています。

最初のハードル、緊張の第1四半期の業績発表は、1ヶ月後に控えています。