読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

全国保証が逆行高

昨日、全国保 (7164)が次期中期経営計画、今期業績の上方修正、そして今期期末配当の増配を発表しました。

好業績と増配は以前から噂されていましたが、中期経営計画の中では、

今回発表した昨期55円から今期61円という増配だけでなく、

2018年3月期に74円、

2019年3月期に80円、

2020年3月期に86円、

と、純利益目標と配当性向から配当金予想を計算してくれています。

配当金の予想金額を具体的に計算してくれるのは珍しい気がします。

 

配当利回り自体は高い水準とは言えませんが、この増配傾向はなかなか力強いですし、優待もあります。

権利確定まであと4日ですが、このまま保有し続けようという気持ちで固まってきました。

ここ5ヶ月ほどの軟調なトレンドに終止符となるでしょうか。

 

一方でJPX (8697)も今日、2017年3月期の業績上方修正と増配(期末21円から26円へ)を発表しました。

JPXは業績が年によって激しく変動しますし、配当もそれに連動しますので、

来年以降の配当に対しての期待を含ませるものではありませんが、

ありがたく今期の増配分(5円 x 100株 = 500円)を頂きます。

 

今日の相場は、本当に久々の暴風雨でした。

国保証の火もかき消されるかなと思いましたが、なんとか逆行高を演じてくれました。

前場は、アドバンスクリエイト (8798)も謎の逆行高でしたが、後場はあえなく荒波に飲み込まれました。

れいさっぱりとした全面安。

同じくらいの下落日がもう1日あれば、ダブルインバースが水面に出そうです。

明日は確か胡散臭い理事長の国会証人喚問ですし、可能性が無くは無さそう。

 

ふと見てみると、チャーム・ケア・コーポレーション (6062)が、

緩やかで一定の下り坂チャートを2ヶ月くらい継続しています。

2週間前からは、75日線も割り込んでしまいました。

それほど急な勾配ではありませんので、2,500円前後での値固め中だと信じておきます。

 

新規上場したインターネットインフィニティ (6545)は、いきなり高騰しています。

チャーム・ケア・コーポレーションとは違って、在宅介護やデイサービスの分野みたいですが、

株価と相談して様子を見守ろうと思います。

個人的には無配なのが厳しいですが、マザーズ新規上場なのでこの点は仕方がないでしょうか。