読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

引き続き、イーブックイニシアティブジャパン考

昨日、黒字転換の決算を受けてストップ高だったイーブックイニシアティブジャパン (3659)。

2日目である今日の値動きが注目でしたが、

ストップ高とまではいかないまでもプラス19.06%、値幅では昨日以上の連騰となりました。

そして今日の高値では、ほんの一瞬ではありますが、私の買値+手数料の株価ぴったりまで届きました。

まさか、この銘柄が水面に出る日がこんなに早く来るとは。

 

するどい針のように突出したピークを描くチャートをこれまでに何度も見ているため、

今回もその轍であるとすれば、売るチャンスはそう長くは持続しないと思われます。

もしかしたら、上記の今日の一瞬で終わりだった可能性さえありそうです。

 

しかしながら、継続的に業績が回復していくのであれば、

この時点でのやれやれ売りは早計のような気もしてきます。

 

いやいや、無配の銘柄なので売れる時に売っておかないといけないのかも。

 

いろいろ考えが巡って難しいところ。

3月28日(火)が優待の権利獲得ということもあり、この2週間が勝負です。

しかし、そもそも含み益に転じないことには決断のしようがありませんので、

明日も勢いを維持して、力強く水面から顔を出してくれますように。

 

今日は、リース業界主要8社のうち7社が2018年3月期に増配見通しという観測記事がありました。

記事中では持ち株のオリックス (8591)について言及があり、

2017年3月期は既報通り51円配予想、2018年3月期は57円くらいか、とされています。

多角化している事業が順調なようで頼もしい限りです。

 

オリックス以外に3社の名前が挙げられていましたが、

その中にリコーリース (8566)は含まれていませんでした。

しかしながら、リコーリースも当然増配してくれるものと思っており、注目はその値幅です。

2017年3月期の60円から最低5円、できれば10円くらいの増配を期待したいところ。

記事に社名は出てこなかったものの、

今日の株価がいつもより堅調だったのは、これが原因だと思われます。

おかげで昨年来高値を更新しました。

さあ、もう一段階上へと。