読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

2日連続の逆行高

株式投資雑感

JPモルガン証券によるレーティングが、

アンダーウェイト(2,800円)からオーバーウェイト(4,100円)に変更されたせいか、

キヤノン (7751)がプラス2.23%となってポートフォリオを引っ張ってくれました。

ポートフォリオは2日連続の逆行高ということで、花粉症は悪化してきましたが、気分は悪くありません。

レーティングは当てにならないことは重々承知していますが、

東芝メディカルシステムズなど、新しい分野が順調に成長していくという判断であれば歓迎です。

はや2ヶ月が過ぎた今期の業績について、

良いスタートを切っているという情報を得てのレーティング変更だったらいいなと妄想しています。

 

キヤノン以外でも、

ニプロ (8086)がプラス2.72%、

サカイ引越センター (9039)がプラス3.63%、

オカダアイヨン (6294)がプラス6.09%、

など、昨日に引き続いて一部の銘柄による牽引が目立ちました。

 

キヤノン以外の3銘柄については、高値でのもみ合いから上放れたようなチャートになっていて、

教科書的にはかなり強いシグナルになっている気がします。

共に3月決算なので、3月28日の権利に向けて騰がっていくのでしょうか。

オカダアイヨンだけは、利益確定も可と位置付けている銘柄なのですが、

長期的にも期待できそうな気がしますし、その処遇は贅沢な悩みになりそうです。