三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

ニラの植え替えその後


スポンサードリンク

先日、ベランダのニラを植え替えましたが、一週間もすると緑色の葉が伸びてきました。

植物は状態の判断が難しいので、明らかな生命反応が見られると一安心です。

春に植え替えると葉幅が広くなるということだったのですが、

今のところ、昨年と変わらぬ針のような細さです。

幅の大小は食感に大きく影響しますので、市販のニラくらいに成長してほしいところ。

昨年は3月末に最初の収穫ができていましたので、そろそろ本格的な成長フェイズを迎える頃でしょうか。

確かに、日中の温度はかなり暖かくなってきた気がします。

 

f:id:santekigon:20170301174557j:plain

 

ベランダのどんぐりの木に、しばしばスズメやメジロが訪れ、何やら枝をついばんでいます。

もしかしたら新芽を食べているのかなと思っていたのですが、

先日のテレビで野鳥に樹木の新芽を食べられる被害を報道していましたので、やはりそのようです。

どんぐりのたくましさならば、多少は食べられてもたぶん大丈夫だと思います。

なかなか訪問してくれる姿を目撃することができないのが残念なのですが、

少しでも彼らにおもてなしをできれば嬉しいです。

 

YouTubeでもたくさん動画を観ることができますが、

近い将来時間ができたら、スズメの手乗り餌付けに是非挑戦したいと考えています。

ヒヨドリはかなり賢いそうなので、彼らも時間をかけて説得したら信頼してくれるかもしれません。

人間は嫌いなのですが、動物は広く大好きなのです。