読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

氷河期の真っ只中

少し下がってきましたが、逆張り購入して長期保有する派には、手持ち無沙汰な日々が続きます。

落ちるならもっと落ちて、ダブルインバースを利益確定する。

騰がるなら20,000円くらいまで騰がって、ダブルインバースを買い増す。

上下どちらかにはっきりした展開を望んでいます。

現状は、ちょうどどっちつかずの中途半端な水準なので……。

 

先日旅立っていったモリトは、珍しい5, 11月権利確定の銘柄でしたが、

現在の持株の中には、4, 10月権利と5, 11月権利がありません。

今年は2月にモリトから最後の配当と優待が頂けますが、

来年からは、12月末から始まって3月末のキヤノンの配当までの期間、

郵便受けが寂しい氷河期が続くことになります。

配当は年間総額で計算するので、6, 12月に偏るのは別に構わないのですが、

売買もしづらい相場状況もあいまって、気分的には楽しみの少ない日々となっています。

 

ただ、今週後半から持株の第3四半期決算発表が始まります。

幕開けの今週は、木曜日にオリックス (8591)とデクセリアルズ (4980)、

金曜日にリコーリース (8566)とエクセディ (7278)が予定されています。

最初のこの4銘柄は、ポートフォリオ中で重要な位置にあるものばかりなので、

いきなりどきどきの正念場を迎えます。

まだ、来期の配当予想に関する発表はないのかもしれませんが、

最近の円安が業績にどれくらい反映されるか、気になるところです。

 

デクセリアルズの株価は、落ちるナイフをつかんだ後、そのまま半値まで行ってしまいましたが、

そこから2/3戻しで、現在はマイナス15%ほどとなっています。

高配当を維持できている間に、なんとか業績を回復させて欲しいと思っています。

業種は好きなタイプなのですが、買った直後からの強烈な含み損の印象が強烈すぎて、

名前を見ると負のイメージがどうしても先行してしまう現状。

もし業績が持ち直して含み益に転換すれば、すばらしい高配当銘柄でもあるので、

今後も売らずに無条件でキープしていく10個目の銘柄に昇格できるかもしれません。