読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

DCMホールディングスの増配に今頃気がつく

配当最重視という方針にすると、持ち株の日々の株価変動については、

テレビゲームの点数みたいな感じで気軽に一喜一憂するだけになります。

その影響か、このところ適時開示速報のチェックが甘くなってきました。

 

お気に入りの持ち株であるDCMホールディングス (3050)が、

木曜日に増配を発表していたことに今頃気が付きました。

従来の22円から、1円+創立10周年記念配1円で計24円に。

増配は嬉しいですが、100株しか持っていませんので実利は微々たるものです。

株価については、上がって欲しいというよりは、むしろ暴落して買い増ししたいというのが本音。

 

日用品の買い物は、ほぼカーマでするようにしています。

カーマの場合、子供の頃から馴染みのあるホームセンターだったので、その愛着が動機で株主になりました。

株主になってからその企業に愛着が湧くケースがほとんどですが、DCMホールディングスは例外です。

もしまだプロ野球のファンだったとしたら、絶対に西武ホールディングス (9024)を買っていたでしょう。

現在はオリックス (8591)を持っていますが、バファローズは全く保有理由にはなっていません。

 

そろそろ来季の配当予定が明らかになってくる頃なのでしょうか。

円安の影響もあり、増配を期待できそうな銘柄がいくつかあります。

特に、ある程度の株数を持っている以下の4銘柄。

 

積水ハウス (1928, 1,000株)

リコーリース (8566, 1,000株)

ニプロ (8086, 1,000株)

三井物産 (8031, 600株)

 

特に、ニプロは円高を理由に今期大幅に減配しましたので、

土壇場の大逆転ということで、今期末配当からの逆襲を期待しています。

 

三井物産は、原油安によって今期が大減配でしたので、是非とも盛り返してもらいたいです。