読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

頭痛持ち

私は10年以上前からの頭痛持ちです。

基本的には緊張性頭痛だと自己診断しているのですが、

症状には偏頭痛っぽいものも混じっているような気がします。

 

現在は、ノーシンとロキソニンを同時服用していますが、

これらが効くということに気がつく前は苦労していました。

経験的にカフェインで和らぐことはわかっていましたので、コーヒーをがぶ飲みしたり……。

 

これまでの頭痛歴の中で大きな影響があったのが、上記のノーシンと、

肩甲骨周りをほぐすストレッチの2つです。

ストレッチをする前は、多いと月に20回くらいノーシンを服用していましたが、

ストレッチを始めてからはそれが数分の1になるという劇的な効果でした。

 

一般的な緊張性頭痛は、日常生活に支障が出るほどの痛みではない、

吐き気は伴わない、といった特徴があると言われていますが、

私の場合はこれらが当てはまりません。

確かに痛くなり始めの段階では、鈍い違和感程度で吐き気もありませんので、

一般的にはこの段階を緊張性頭痛と呼ぶのかなと解釈しています。

もちろんこの段階ではノーシンは服用しないのですが、更に悪化すると本番の症状となります。

 

そうなると痛みで何も手につきませんし、かといって横になっても楽にはなりません。

それどころか眠りに落ちることすらできなくなるので、ひたすらのたうち回るという地獄の時間です。

また、激しい吐き気も伴います。

今でも月に1-2回はこのレベルの症状になってしまいますが、

もし仮にあの状態が治らないとしたら、死のうと思うくらいのしんどさです。

 

たぶん仕事のストレスが大きな原因だと思うのですが、

運悪く性に合わないことを職業に選んでしまうと大変です。

早く脱出できるよう、株式投資に励むことにします。