三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

壮絶な下ひげローソク


スポンサードリンク

テレビで指摘されていましたが、現在の水準で大納会を迎えたとしますと、

今年の年足は、実体部分がほとんどなくて、ものすごく長い下ヒゲをつけたローソクになります。

最初と最後が同じ水準でも、

去年は上から落ちてきて、今年は下から凄まじい勢いで上がってきての到達です。

年内の残り、そして年明けのスタートはどうなるんでしょうか。

私を含めて「もう落ちる。もう落ちる。」と思っている人が多いと思いますが、

「もうはまだなり。まだはもうなり。」の格言に従えば……。

しかし、この勢いのままですと、

どこまで持続したとしても「まだまだ行ける!」という気分にはなれない気がします。

 

日経レバを処分できたことで良し、と思っていましたが、

ここまでくると、あと一つくらい塩漬けを解消したくなってきます。

しかし、期待を持てる候補がいまいち見当たらないのが悔しいところ。

オカダアイヨン (6294)が、マイナス2.26%、

前田工繊 (7821)が、マイナス4.50%、

ディア・ライフ (3245)が、マイナス4.75%、

あたりが候補で、4%くらいならあと一息という気もするのですが、なかなか腰が重いです。

 

含み益はかなり膨れ上がっていますが、

それはもともとの優良銘柄が更にプラスに寄与している結果。

それで不平を言うとバチが当たりそうですが、

知らず知らずのうちに、ぬるま湯に慣れきっている自分に気がつきます。

そろそろ喝が入りそう。