読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

9年目の結実

9年前(2007年)の秋からベランダにて、どんぐりを育てています。

近所の公園生まれの「くぬぎ」が1鉢に、

母校の大学キャンパス生まれの「コナラ」が2鉢。

 

どんぐりから発芽させて、いつか次世代のどんぐりができることを夢見ていたのですが、

ついにその時がやってきました。

コナラのひと鉢の傍にどんぐりが転がっているのを発見。

慌てて木の上を探した結果、たった1つ、

そして数日後にあと2つのどんぐりが実っているのを確認することができました。

写真は遅れて発見した方の2つで、今日現在、まだ枝についています。

 

私は華美なものが好きではなく、観葉植物や花より雑木に親しみを感じます。

どんぐりと言えば、子供の頃にカブトムシやクワガタ、セミを追いかけた時にお世話になった幼馴染み。

ちょっと植木鉢は手狭になって根が窮屈そうですので、

いつか、ちゃんとした土に植えてあげねばと思います。

「植木鉢に植える」という行為は完全に人間のエゴだと考えていますが、

今はアパート住まいなので、植物と暮らすには仕方なく、ということで我慢を強いてしまっています。

(人間は好きではない私の)大切な家族ですので、これからも慈しんでいきます。

 

f:id:santekigon:20160927074328j:plain