三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれ者の悠々自適な晴耕雨読生活

野球

懐かしき(?)魑魅魍魎の世界

先日のプロ野球の試合で、6点リードしているチームが盗塁を企図したことに対して、 中継解説者のT氏が苦言を呈したそうな。 例のKUSOみたいな不文律のBAKA信奉者ですか。 リードされている側は、試合を諦めて走者への警戒を敢えて怠り、 リードしている側も…

森本先生の外野守備講座

草野球「現役」時代の晩年、私はセンターを守っていました。 俊足ではなく、肩も弱かったのですが、唯一自信があったのは「ポジショニング」。 味方投手の制球が、これまでに見たことない凄まじいレベルだったので、 打者ごと、捕手の構えるミットのコースご…

東芝の野球部は残った

低気圧のせいか、今日は頭痛が悪化して昼から寝たきりです。 先日の台風の際はなんともなかったのですが、 風雨ともに拍子抜けだったので、それほど気圧は下がってなかったのかもしれません。 相場は小動きだったので、ひとまずダブルインバースは様子見。 …

愚かしき「上場ゴール」

今日もダブルインバースを購入。 過去の反省を生かし、明日も小動きだった場合は、ひとまず様子見とします。 今日の夢真ホールディングス (2362)は、マイナス1.93%ときつめの調整(であってくれ)。 日中足を見ると、寄り付き直後に一瞬だけマイナス4.16%と…

トラスト・テックが順調にリバウンド中

今日は、トラスト・テックの順調なリバウンド以外は特に見所なし。 トラスト・テックの含み益はプラス7.53%になっていますが、節税上、今年中に余分な売却益を出したくないので、 できれば来年まで引っ張ってから、大幅な利益確定をしたいと目論んでいます。…

どっちも止まらねぇ

チャーム・ケア・コーポレーション (6062)は、今日も大陽線のプラス7.04%と止まらず。 これまでの経験上、こういった急騰の直後には大きな調整が訪れるのが常なので、つかの間の陽光を楽しんでおきます。 そして止まらないと言えば、KDDI (9433)は5日続落。 …

キヤノンが買値に肉薄

決算発表を受けたオリックス (8591)は、案の定マイナス5.48%と沈没。 権利落ちの積水ハウス (1928)は、マイナス1.68%。 キヤノン (7751)はマイナス0.86%で、今回の決算後の安値を更新。 といった訳で、ポートフォリオはほぼプラマイゼロがやっとでした。 キ…

通信株の業績は順調

今日は、NTTドコモ (9437)と沖縄セルラー電話 (9436)の第1四半期決算発表がありました。 NTTドコモは今期を減収減益予想としていますが、純利益の進捗率は33.4%と良さげです。 沖縄セルラー電話も同27.0%と順調。 官製圧力に株価が屈する展開が長く続いて来…

甲子園の地方予選

近所のグラウンドで野球部が練習している高校があるのですが、 その高校が週明けに、私の卒業後の母校(高校)に隣接して(ほぼ敷地内に)建設された球場で2戦目を行います。 別にその高校を応援している訳では無いのですが、 もし気が向けば、往復が運動に…

オクナミく〜ん

あまりにお粗末な人間ぶりを露呈して、2年前にバッファローズをクビになっていたオクナミ君。 santekigon.hatenablog.com 昨日報道されていたところによると、未だに「らしさ」全開のようで、我々ファンの元に近況を届けてくれました。 相変わらず、彼らしく…

髪の毛をセットした吉田選手、短髪のままの根尾選手

ドラフトで指名された選手たちが、自主トレに備えて入寮している様子が報道されていました。 根尾選手と吉田選手の入寮の様子をニュースで見ましたが、この二人の見た目は対照的でした。 吉田選手は髪の毛を伸ばして整えており、野球部を引退した後は一般的…

プロ野球選手のプロ意識

昨季で引退したジャイアンツの山口鉄也投手のネット記事を読んで、 改めてプロ野球選手のプロ意識(の希薄さ)を実感しました。 山口投手は、大先輩である工藤公康投手から「全てをピッチングに繫げること」を教わったとのこと。 それぞれの練習メニュー、ト…

そういう球団を選んで入団したのは、あなたです

大発会の数字にはわくわくしたのですが、昨日と今日は肩透かし。 日本商業開発 (3252)とグッドコムアセット (3475)は、ここ数日の戻りが力強く、 この勢いが本物ならば、ナンピンのチャンスを逸したことになります。 キヤノン (7751)も、あと200株は買ってお…

元プロ野球ファンの独り言

成績低迷を免罪符にして、FA選手を買い漁る金満球団。 大金や長期契約をちらつかせた金満球団を選ぶFA選手。 FA選手による補強を歓迎する金満球団のファン。 どれも全く共感できません。 高額FA選手の費用対効果について、これまでの統計を取ったとしたら、…

気だるい気だるい月曜日

この週末に嫌なことが立て続けに起こってしまい、気だるさに満ちた月曜日です。 まず、土曜日に放送された「細かすぎて伝わらない……」を録り逃してしまいました。 テレビを観て笑うことが趣味の一つである私にとって、かなり優先順位が上位に来る番組だった…

注目されるドラフト会議

先週、ドラフト会議が行われました。 私は野球にしか興味が無い(無かった)ので参考にならないのですが、 いろいろあるプロスポーツ界において、何故野球だけ新人の入団先を振り分けるイベントがあって、 そのイベントがこれほどまでに注目されるのか、常々…

西武ライオンズがリーグ優勝

その昔、熱狂的なファンだった西武ライオンズがリーグ優勝を決めました。 10年ぶりということですが、10年前というと、まさにプロ野球への興味を失いかけていた頃だったかも。 たまにニュースや中継映像を目にしても、顔も名前も知らない各球団の主力選手が…

茶番人事

実績のあるプロ野球選手の引退表明が相次いでいますが、その報道の際に気になるのが、 まるで長年の功労に報いる恩賞のようにコーチ職を打診していること。 コーチ業をいったい何だと考えているのか、皆目理解ができません。 プロ野球選手を経験していないの…

金足農の吉田投手は賢明か否か

時の人となった金足農の吉田投手が、甲子園を去る際に、 「ジャイアンツが好きで、ジャイアンツに行きたい」とのコメントを残したそうです。 秋田ではジャイアンツ戦しか中継されていないので、半ば必然的にジャイアンツファンになってしまう、 なんて20年前…

根尾選手への一球

官房長官の値下げ発言で、KDDI (9433)が爆下げして吃驚しましたが、 あおぞら銀行 (8304)は、陽線で底打ちの足場固めをしてくれたので満足です(希望的観測)。 キヤノン (7751)、積水ハウス (1928)、三井物産 (8031)と、 主力銘柄が次々と大きめの下降トレ…

金足農・吉田輝星投手

ポートフォリオは指数の倍は下がりましたが、 あおぞら銀行 (8304)の下落は一息ついているので、良しとしましょう。 あっという間に涼しくなってしまい、セミに代わって、日が落ちてからは虫が鳴き始めています。 暑いのが好きで、猛暑でも全然平気とはいい…

甲子園観戦つれづれ

盆休み中にて、甲子園をテレビ観戦して楽しんでいます。 その感想(文句)をば2つほど。 某九州の高校に、ほぼ毎回、投げる度に帽子を飛ばしている投手がいました。 見ていてイライラしましたが、本人はかっこいいと思ってやっているのでしょうか。 あまりに…

ラフプレー

大学アメフトでのラフプレーが話題になっていましたが、 プロ野球で以前からずっと気になっているプレーがあります。 4-6-3などのダブルプレーの際、二塁ベースを踏んで一塁に転送した後のショートに対する、 一塁走者のスライディングがそれです。 送球直後…

新規格の軟式球

今季から、草野球の軟式球が新規格に変わりました。 最高レベルの試合で得点が入り易くなるように、硬式球に近づけて飛距離が出るようにしたということです。 確かに、打った感覚は硬式球に近くなった気がします。 そのせいか、「飛距離が増す」というのは芯…

甲子園の季節到来

今年の夏の甲子園は、第100回の記念大会ということで出場校が増え、 例年通りの東京と北海道に加えて、埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡からも、2校ずつが出場します。 愛知県は東西に分かれますが、名古屋市は完全に西愛知に含まれますので、実…

やっぱり力んでは駄目

大谷投手が、肘という深刻な部位を故障してしまいました。 やはり、過剰に力んでいる全力投球が原因だと思います。 現実的には、大いに力んで投げた場合と、リリースの時だけに力を集中した場合で球速はさほど変わらず、 球質はむしろ後者の方が優れているく…

大谷選手の人柄

先日、エンゼルス大谷選手の人柄を伝えるエピソードが紹介されていました。 彼が敵地のファンにボールを投げ入れた際に、観客席まで届かずに跳ね返ってブルペンに落ちてしまったところ、 大谷選手はボールをブルペンまで拾いに行って、ファンに手渡したのだ…

盛況なコメダにて、衣笠選手のエピソードを

先日、祝日の午前10時前にコメダ珈琲店に行きました。 優待のKOMECAを使って、「みそカツサンド」をテイクアウトしたのですが、 店内はかなり混んでいて、注文取りや会計などの処理が一部で追いつかず、 客を待たせる場面も多々見られました。 コメダにとっ…

極寒の草野球開幕

シーズン明け、半年ぶりくらいで草野球をやったら、体がバキバキです。 と言っても、4打席中ヒットは1本で、あとはショートフライが2つに三振が一つ、 更に、守備ではボールに触れずじまいだったので、野球の試合そのものによる運動量はほとんど無し。 全て…

「偏差値70」という、いかにも「偏差値の低そうな」表現

大阪桐蔭の優勝投手となった根尾投手について、「偏差値70で文武両道」という記事がありました。 成績の良さを強調する際に「偏差値いくつ」という表現がよく使用されますが、非常に違和感があります。 偏差値の内容と意味を理解して使っているのか、甚だ疑…