三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

株式投資雑感

キヤノンの第1四半期決算発表

今日は、キヤノン (7751)が第1四半期決算発表を行いました。 一昨期は、いきなりの下方修正スタートとなり、その後も下方修正を連発しました。 昨期は、一転して上方修正スタートを切り、上方修正連発の1年となりました。 浮き沈みが非常に激しい過去2年でし…

KDDIとJTの流れが継続

寄り付き直後には売りに押されたKDDI (9433)ですが、力強く切り返してプラス引けでした。 なかなかの強さに、3,000円回復へという夢を見たくなります。 とにもかくにも、5月10日の本決算発表次第でしょうけれど。 楽天ショックを払拭するくらい、予想を超え…

直近低迷組、KDDIとJTの明暗くっきり

JT (2914)が、再び底を探りに潜水していってますが、 2,800円を切るようならば、ナンピンしようと待ち構えています。 その前にウチヤマホールディングス (6059)が片付けば、資金繰りがスムーズなのですが、 残念ながら今日は尻すぼみでプラマイゼロ。 JTと同…

武田薬品工業の騒動に思う

ここ最近、武田薬品工業 (4502)の大型買収に関する報道が賑わっていますが、 もし株主だったら……と想像して、野次馬で楽しんでいます。 企業を買収して子会社化した結果の明暗は、枚挙にいとまがありませんので、 良くも悪くも、影響が大きいイベントなのは…

KDDIの夜明け

たかだかレイティングが良くなっただけだと侮っていましたが、 コメダホールディングス (3543)は、今日も続伸して2ヶ月前の上場来高値を更新しました。 2月19日に高値を記録してから1ヶ月は急落、そして次の1ヶ月でV字回復とジェットコースター相場になって…

究極の癒し系、安食総子女流初段

日経平均は、上ヒゲを引いてぴったり75日線で止まりました。 上に抜けるのかどうか、結論は明日へ持ち越しです。 おそらくレイティングの影響で、 コメダホールディングス (3543)がプラス3.87%となったのが目立ちますが、 ポジティブなレイティングを出した…

上放れてしまうのか

しこたま騰がってしまい、日経平均はヨコヨコから上放れそうなチャートになってきました。 75日線に下からほぼ接していますので、明日も大きく続伸なら23,000円くらいまでは行きそうです。 当然ながら、ダブルインバースは凄まじい出血ですが、見ないふり、…

そこはかとなく嫌な感じ

昨日は、KDDI (9433)が一気に水面から顔を出して喜んでいたのですが、今日は暗転しました。 再び潜ってしまったKDDIのみならず、ほぼ全面安になっていて、 得体の知れない嫌な感じに襲われています。 マザーズや小型株が崩れているみたいですが、今日は保有…

羽生竜王、先勝で1,400勝達成

名人戦第1局は、一時は劣勢とみられていた羽生竜王が見事に制しました。 名人を失冠した2年前も初戦は勝っていましたので、全く楽観はできませんが、 まずは順調な滑り出しでほっとしています。 ここから羽生竜王が3連勝して、 「4タテしてしまったら名古屋…

原油価格、高値を抜けるか

KDDI (9433)が陽線で切り返して、わずかながらプラスで引けたのは何より。 一方で、ウチヤマホールディングス (6059)は、直近高値の686円に届かずに折り返してしまいました。 上値は切り下げ、ただし下値は切り上げの三角持ち合いになってきたようです。 JT …

上々の2月期本決算発表前半戦

最近はとみに、ニューヨークの値動きと連動しなくなってきました。 ニューヨークは大幅高で迎えた今日も、弱々しく安値引けです。 ほぼ全面安に近い感じでしたが、KDDI (9433)が僅かながら逆行したのがちょっと嬉しかったです。 今日は、コメダホールディン…

日本マクドナルドホールディングスが絶好調

エクセディ (7278)がプラス5.11%と急騰していると思ったら、 どうやら証券会社の目標株価引き上げが原因のようです。 電気自動車へのシフトに対する対策が気になりますが、今回の評価は、そこまで先を見たものではない感じ。 4月26日の本決算発表の際には、…

極寒の草野球開幕

シーズン明け、半年ぶりくらいで草野球をやったら、体がバキバキです。 と言っても、4打席中ヒットは1本で、あとはショートフライが2つに三振が一つ、 更に、守備ではボールに触れずじまいだったので、野球の試合そのものによる運動量はほとんど無し。 全て…

株主総会へ行ってみたい

昨年、コメダホールディングス (3543)の株主総会に行ってみようと思っていたのですが、 仕事との折り合いが悪く、断念せざるを得ませんでした。 株主総会に出席するには、幾つもの条件を満たさなくてはいけません。 わざわざ長い時間を費やすのですから、そ…

KDDIとウチヤマホールディングスは、勢いをキープして来週へ

青字が多かったポートフォリオですが、希望もちらほらと。 元々100株だったのが、3度の分割で800株になり、 これまでと同じ値幅であってもポートフォリオへの影響が馬鹿にならなくなってきた、 チャーム・ケア・コーポレーション (6062)。 プラス3.95%で9倍…

KDDIが水面に肉薄

昨夜の時点でニューヨークが急落していると聞き、楽しみにして床についたのですが、 呆れるほどの逆襲に遭ってしまい、今日の東京市場も素直に追従しました。 個人的に一時期盛り上がったダブルインバースは、再び深い壺の底へ。 こういう時は個別株を見て喜…

根尾投手のスライダー

いわゆる「方向感が無い」という状態なのだと思います。 値幅は小さいものの、下へ上へ揺れ動く一日でした。 KDDI (9433)が、プラス1.92%とかなり強い動き。 かなり下を向いている状態ではありますが、75日線に下からほぼ接しました。 なにせ1,200株も買い込…

冴えない滑り出しの4月

朝起きて、ニューヨークの株価を見た時にはテンションが上がったのですが、 東京市場はあまり影響を受けませんでした。 マイナス引けながら、綺麗な寄り底右肩上がりの一日です。 ポートフォリオは指数の2倍前後下がり、あおぞら銀行 (8304)はあっさり含み損…

うす〜い商い

かなりの薄商いで新年度がスタートしました。 保有銘柄は軟調なものが多く、指数の倍は下がりました。 リコーリース (8566)はマイナス2.13%ときつめの下げで、直近2月15日の下値に迫っています。 ここで反発すれば二番底、止まらなければ底割れと、明暗が厳…

新年度へ

ポートフォリオの主力どころは弱々しいものが多く、日経平均に惨敗を喫して年度を終えました。 ポートフォリオの大出血はもちろん覚悟の上で、4月からの新年度では阿鼻叫喚の大暴落相場を期待します。 来年度の業績予想が出てくるゴールデンウィーク明けが気…

この先の見通しは

場中は不安定な動きでしたが、結局はプラス引けとなりました。 権利落ちの傷は、全体的にはそれほど目立たなくなった気がします。 JCU (4975)は、権利落ちの売りよりも、分割の恩恵により従来の半額資金で優待を狙う買いの方が圧倒的だったようです。 今日は…

迫力不足の権利落ち日

確かに権利落ち銘柄は下がりましたが、地合による上積みは見られませんでした。 4月は軟調になることが多いそうなので、スギ花粉の終息と合わせて楽しみに待とうと思います。 ウチヤマホールディングス (6059)は、権利落ちを跳ね返す大きな陽線でプラス引け…

一転した狂い騰げで3月権利確定

あれだけ大騒ぎしたのに、日経平均は5日前と比べるとたったのマイナス64円です。 月曜火曜と続落すれば実に面白いぞと、わくわくして週末を過ごしていたのですが、全く正反対の展開となりました。 今日は権利確定銘柄もかなり騰がりましたが、果たして明日の…

がっかりの展開

金曜日のニューヨークの数字を見て、わくわくしながら今週を迎えたのですが、がっかりです。 地獄の底へ誘うような窓開け陰線の連続を妄想していたのに、まさかのプラス引けとは。 みちのく銀行 (8350)は、謎の急落で権利日に突入です。 これが権利落ち後を…

JTの優待で災害へ備える

JT (2914)は配当目的で買ったので、優待はおまけに過ぎないのですが、 年に2回、ペットボトルの水を12Lも貰えるのであれば、災害への備えとして良さそうです。 自宅に食料は結構備蓄していますが、水は全く貯めていません。 どちらかというと、物流が滞って…

3月権利確定直前の大嵐

あともう1日、今日クラスの下げが来れば、ダブルインバースの含み損が解消されます。 本格的に下がる時は、連日のようにこれでもかと下がるので、もしかしたら来週がそんな展開になるかも。 この暴風雨の中、わずかながら前日比プラスで引けたJT (2914)に関…

JTは底無し沼行きか

JPX (8697)が今期の通期業績予想を上方修正し、期末配当も24円から33円に増配しました。 100株しか持っていないので、実入りはほとんどありませんが、気持ちだけありがたく。 2年前にたまたま安いところで買えたので、買値での配当利回りは5%台に乗ってきま…

指数は3連敗で、3月権利確定まであと4日

薄商いの中で指数は下落となったものの、意外としぶとい陽線となりました。 もっとずるずる下がるかと期待していたのですが。 先週の金曜日に日経レバを売ったのは、今のところ吉と出ています。 この先にしても、騰がりそうな雰囲気には乏しいので、売れるも…

ひどい下落で今週のスタート

直近が堅調だった反動なのか、 チャーム・ケア・コーポレーション (6062)とカワタ (6292)はひどい下落でした。 カワタに至っては、個別の悪材料無しでこんなにも下がるのかというマイナス10.00%。 個人投資家の大半は経済政策最優先の姿勢であるが故に、今で…

大幅な買い越し(買いオンリー)

2月からの下落局面は、海外投資家の売りと個人投資家の買いだという話ですが、 自分の売買記録を確認してみたところ、 11月中旬からずっと買い越し(というより、正確には買いオンリー)で、その総額が約540万円。 当初は、余裕のある買付余力を眺めて穏やか…