三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれ者の悠々自適な晴耕雨読生活

将棋

「悔しがる力」

杉本昌隆八段の新著「悔しがる力」を(図書館で借りて)読みました。 何故かビジネス書(あるいは啓発書)として売り出したい出版社の意向が感じられますが、 実際の内容は、見開き1ページごとに完結する単発エピソードをまとめた杉本八段のエッセイです。 …

新規優待銘柄、1円差で約定せず

買い注文の約定を期待していた新規優待銘柄は、1円の差で届きませんでした。 現時点で、コロナショック後に購入した銘柄の総損益は、プラス0.8%とほぼ振り出し。 一方で、指数の現在値は戻り高値と底値の中間地点にとどまっている訳ですが、 まずまずの安値…

Eストアーを新規購入

今日は、Eストアー (4304)の買い注文が約定しました。 また、オリックス (8591)もいい感じ(?!)に大幅下落していましたので、700株目を購入。 もう一つの新規銘柄も指値まであと少しなので、この調子だと明日には買えそうです。 沖縄セルラー電話 (9436)…

もはや、この時期の風物詩……

昨日の適時開示速報にて、とあるリリースを発見。 「特別損失(投資有価証券評価損)の計上および期末配当予想の修正に関するお知らせ」 発信主は、そう、もちろんニプロ (8086)! 例年だと5月の本決算発表がその舞台でしたが、今年は1ヶ月早く恒例の風物詩…

ミツバチがいない

狙っている新規優待銘柄もまずまず下がりましたが、 買い注文の約定には、あともうひと押しかふた押しが必要です。 オリックス (8591)も含み損に転落しました。 明日以降、買い増しのチャンスが到来しそうなので虎視淡々と待機中。 今日は雨の切れ間を縫って…

日本マクドナルドホールディングスの優待券到着

本当にそうなのか、半信半疑な状態での権利落ち日。 大引けにかけて少し戻したものの、ポートフォリオには5%超の下落銘柄がゴロゴロしています。 SBI証券では、何故か権利日をまたいで注文を出し続けることができません。 そこで今日、新たな優待3銘柄の買い…

すごいものを観てしまった

必ず二番底というやつが来るはずだそうなので、買い出動はそれまでお預けとなりそうです。 新規の優待銘柄を2つ見繕っていたのですが、これらの3月権利を取るのは断念。 片方は長期保有優遇もある銘柄なのですが、長い目で見て4月以降に買いに行きます。 大…

オリックス、遠慮はいらない!

今日はまず、みずほリース (8425)を新規で購入。 あとはオリックス (8591)をがっつりナンピンするつもりだったのですが……、下がり方が全然甘い! 起き抜けにニューヨークの数字を見て、真冬並みに寒い朝にもかかわらず、興奮で体を熱くしていたのに。 寄り付…

西山朋佳三段

先週の土曜日に、奨励会最終日の対局が行われましたが、 残念ながら、西山朋佳三段の四段昇段はなりませんでした。 元々、本人の2連勝が必要条件であり、更にライバルの負けという他力も求められる厳しい条件ではありました。 結果として、全ての条件が揃う…

積水ハウス、マイナス6.44%と撃沈

昨日、本決算発表を行った積水ハウス (1928)。 今日の株価は派手に撃沈して南無阿弥陀仏。 実にマイナス6.44%となり、ここのところの下落で絡みついていた200日線から一気に下放れです。 一方で、同じく昨日、驚異的な既存店売り上げを発表した日本マクドナ…

逃避して激指と激闘

今日は通信銘柄が強かったですが、銀行がさっぱりですな。 三菱UFJフィナンシャル・グループ (8306)も、そろそろ含み損転落へ。 大引け後に三井物産 (8031)が自社株買いを発表しました。 発行済株式総数の1.8%と大した量ではないですが、明日の株価に多少の…

「含み損を気にしない」インプット完了!

ザ・マンリキ戦のウォーズマンよろしく、「含み損の数字を気にしない」インプットを完了。 それではということで、狙っている銘柄の買い注文が約定するように、更なる暴落を大いに期待していましたが、 その期待通りだったのは寄り付き直後だけでした。 まあ…

今日、権利落ちだったの?

頭痛に対する処置については、長年色々と試行錯誤しています。 症状自体も少しずつ変化しているように感じるので、なかなか「これ」という対処方法には辿り着けず。 ここ最近は、軽めの違和感が出た時に、予防的にノーシンを服用。 眠れなくなるほど悪化して…

あちらもこちらも底が抜けておる

決算発表を受けたビーネックスグループ (2154)は、あえなくマイナス5.10%と撃沈。 逆張り派たるもの、自分が買ってすぐに株価が反転するなどという不届きな考えは持っておりませぬ。 しばらくは、含み損の青い数字に耐える覚悟でございます。 ウチヤマホール…

「弟子・藤井聡太の学び方」

杉本八段の著書「弟子・藤井聡太の学び方」を読みました。 藤井七段に関する知らなかったエピソードもいくつかありましたが、 メインは杉本八段の来歴を紹介するエッセイです。 杉本八段は、大盤解説の際の話術もなかなかのものですが、 面白く読ませる文才…

棋力向上へ修行中

このところ、7年前に買ったPSPの「マイコミBEST 将棋が強くなる 激指 定石道場」で対局を重ねています。 現在の相手レベルは、10段階のうちの下から3番目である「8級」。 終盤力はこちらがかなり上回っているのですが、 駒がぶつかり始める中盤が大の苦手で…

大好きな通信銘柄が総崩れ

今日は何故か、通信銘柄が総崩れで足を引っ張りました。 他は概ね反発してくれて、 ウチヤマホールディングス (6059)が、プラス2.01%で一安心、 ビーネックスグループ (2154)も、プラス0.62%で僅かな含み益に。 キヤノン (7751)は続落ですが、まだまだナンピ…

逆張ってビーネックスグループを購入

ニューヨークの結果を受けての大幅安ながら、一方で寄り底陽線。 なんとも微妙な値動きです。 好決算と増配を発表した直後のKDDI (9433)と、 好決算発表から2営業日目のあおぞら銀行 (8304)が健闘してくれたおかげで、 SBI証券ポートフォリオの被害は指数よ…

そりゃそうでしょうね

流石に、誰もキヤノン (7751)のいうことを額面通りには受け取らなかったようです。 そりゃそうでしょうが。 地合も地合だったので、一気に含み損に転落! ナンピンするかどうかは悩みどころですが、まずはもっと下がってくれないといけません。 それにしても…

狼少年はこう言ってますが、皆さんは信じますか?

懸案のキヤノン (7751)の本決算発表。 まず、着地した前期の数字ですが、 売上高はマイナス0.87%、営業利益はマイナス7.1%、そして純利益はマイナス10.6%の下振れ……。 昨期は(も)、第1から第3四半期までの全てで下方修正を連発した挙句にこの着地ですから…

すれ違い

やっぱり「ギャンブル」はうまくいかないものです。 先週ダブルインバースを売ったと思ったら、見事なすれ違いになってしまいました。 今のところ、壮健な人であれば重症化はしないようですし、 中国政府も「真面目」に対応しているみたいですので、 株価と…

リコーリースが「買付来高値」を更新

リコーリース (8566)が、2016年3月以降の「買付来高値」を更新しました。 去る12月9日に完全に天井を打ったと思ったのですが、見事に外れ。 利益確定する気はゼロですし、下がり始めると速い銘柄でもあるので、 150万円の「あぶく含み益」ということなります…

瀕死のみちのく銀行

日経平均24,000円手前で膠着してきましたが、 こうなるとダブルインバース売買の舵取りが非常に難しいです。 クリエイト・レストランツ・ホールディングス (3387)は、今日も出来高を伴ったプラス1.99%と健闘しました。 ただ、さすがに天井を打ったっぽい上ヒ…

ここでまた下がる! しかし下げ渋る

一昨日でとっくに織り込んでいるものと思っていましたが、改めてこれだけ下がるとは吃驚です。 ただ、長い下ヒゲなのがややこしい。 それにしても、ここからは応酬の度に下がるのでしょうか。 純然たる外部要因での下落だとすれば、当然「買い」の一択ですが…

頭痛の中、DCMホールディングスが優待内容変更

昨夜は就寝前に頭痛が始まってしまい、現在まで進行中です。 今回も、天候(気圧)に反応してしまった様子。 この調子だと、登山なんかした日にはてきめんに痛くなる気がします。 果たして、今夜は寝られるでしょうか。 今日は将棋の好対局が2つもAbemaTVで…

渡辺明三冠が佐藤和俊七段に敗れる

ラックランド (9612)は着々と買値に接近中で、暴落してから5日連続で陰線と元気無し。 権利日まであと3日ですが、涙の「含み損で権利落ち」を覚悟せねばなるまいか。 地合の割に、ポートフォリオでは大きく下落した銘柄が多かった気がしますが、 大陰線で派…

グッバイ、ハローワーク!

どうも今回の頭痛は、緊張性と群発が1:1くらいのミックスだったようです。 首筋から後頭部も痛く、どちら側とはっきりしないレベルで目の奥も痛みました。 七転八倒の末、今日未明になってようやく下り坂になり、夜が明ける頃に復活です。 という訳で、無事…

二転三転の決着(の詳細は後で知る「観る将」)

昨日の王将戦挑戦者決定局は残念でした。 リアルタイムの棋譜コメントを頼りに観戦していた低棋力の観る将としては、 1. 序中盤は藤井聡太七段がやや苦戦だそうな。 2. どの手でそうなったかはわからんが、いつの間にか形勢逆転して藤井七段が大優勢らしい。…

まさかの相矢倉戦

注目の王将戦挑戦者決定戦。 戦型は、両者が入城する相矢倉となりました。 最近は「矢倉」と言っても、入城どころか、囲いが完成する前に戦いが始まる急戦ばかりでしたので、 このような相矢倉を見ると、往年の格調高い羽生森内の名人戦を思い出します。 藤…

チャーム・ケア・コーポレーション、暴落したが逆張り網にはかからず

先週金曜日の引け後に増資(及び株式分割と増配)を発表していたチャーム・ケア・コーポレーション (6062)。 暴落するようなら、中期保有用の松井証券口座で改めて買いたかったのですが、 指値1,900円に対して、今日の安値は1,902円ということで、ぎりぎり約…